歯並びのバラバラな人へお伝えしたい。歯並びなんてどうでもいいと思っていませんか?歯並びの影響は見た目や活舌だけの問題ではないんです。もっと大きな問題が潜んでいるのです。歯周病や消化器官にまで影響してくるのが歯並びなのです。そしてそれを解決へ導くのが、矯正歯科での歯列矯正です。歯の矯正は子供のものではありません。現代は大人も適切に治療を行えば改善できます。

インビザラインは叢生でも可能?

治療をしている海外の歯医者

歯並びをきれいにするための治療をするのが矯正歯科です。
ワイヤー装置をつけなければいけないという点で、歯並びは気になるけれども装置を付けるのに抵抗を感じるという患者さんは少なくありません。

そこで、インビザラインという矯正方法がアメリカで登場しました。
インビザラインは全ての矯正歯科で扱っているわけではありませんが、ワイヤーを使わない矯正方法です。
使用するのはマウスピースです。
マウスピースは透明なので装着していても目立たないメリットがあり、人前に出る仕事の人でも安心して治療することができます。

日本では、横浜でインビザラインができるので興味のある方は行ってみると良いでしょう。

日本人に多い歯並びに叢生というものがあります。
叢生は、歯並びがきれいにならずに前後にデコボコしてしまった状態です。
インビザラインは叢生にも対応していて、顎の小さな日本人も受けられる矯正治療です。

インビザラインの特徴は、事前にコンピューター上でシミュレーションをする点です。
矯正では少しずつ歯を動かしていくので、治療期間が長くどのように治るのかが分からず不安を感じる患者さんが多いです。
しかし、インビザラインのシミュレーションでは、初診の歯型の状態から、歯がどのように移動してきれいになっていくのかを知ることができます。
治療期間の目安や、治療後の仕上がりも分かるので大変便利な治療法です。

また、マウスピースを使うことで、自分で取り外しができるというメリットがあります。
従来のワイヤー矯正は、一度装置を付けてしまうと自分では外すことができず、24時間常に装置が付いている状態でした。
マウスピースであれば、食事や歯磨きの際には外していつも通りに過ごすことができるので、違和感が少なく扱いやすい装置と言えるでしょう。

このマウスピースは歯型にぴったり作るのではなく、歯が動くように作られています。
オーダーメイドで患者さんのお口に合わせて作られていて、初めて装着すると窮屈な感じがすることもあります。
装着を続けていると、だんだんと歯が動いていき、違和感なく装着できるようになります。
マウスピースは歯が動くように定期的に新しいものに作り替えていきます。
そのため、いつでも清潔に使うことができます。

歯並びの状態に合わせてマウスピースを作り替えていくことで、歯並びが少しずつ良くなっていくのが実感できます。
患者さんはマウスピースを装着するだけで矯正歯科ができるので、他の人に気付かれずに矯正を進めることができます。
ワイヤーを使用しない新しい治療方法です。