歯並びのバラバラな人へお伝えしたい。歯並びなんてどうでもいいと思っていませんか?歯並びの影響は見た目や活舌だけの問題ではないんです。もっと大きな問題が潜んでいるのです。歯周病や消化器官にまで影響してくるのが歯並びなのです。そしてそれを解決へ導くのが、矯正歯科での歯列矯正です。歯の矯正は子供のものではありません。現代は大人も適切に治療を行えば改善できます。

インプラント治療と歯列矯正の正しい順番とは

インプラント治療も歯列矯正も近年注目を集めている治療法です。
その双方の治療を受けたい場合の順番ということになりますが、結論から言うと歯列矯正を先ず行います。

インプラントは失った歯を補う方法ですが、歯槽骨にインプラントと呼ばれる人工歯根を外科的処置により埋め込み、それに人工歯を取り付けるという方法をとります。
一方歯列矯正とは専用の装置を装着することで歯の位置を移動するというものです。

インプラントを埋め込むと、これは人工的なものなので装置などで動かすことは不可能です。
ゆえに先に歯列矯正を終えて、その後インプラント治療を行うことになります。
しっかりと目的の位置に歯を動かした後でインプラントの埋め込みを行う方法をとります。

近年注目を集めている歯列矯正ですが、矯正歯科では審美面と機能面の両方の矯正を目的としています。
歯並びの悪さは様々な面で不具合を起こしてしまいます。
骨格が影響している歯並びの悪さもあります。
歯列矯正をして歯並びをよくすることで様々なメリットがあります。

しっかりと噛んで食べ物が食べられるようになります。
歯並びが悪いことで噛み合わせが悪かったり、片側のみを知らず知らずのうちに使用しているということもあります。
しっかり噛むということは脳の働きにもよい影響を及ぼすと言われており、高齢者の場合は認知症の予防にもなることも分かってきています。

虫歯等の予防ができます。
歯並びを整えることで、しっかりと歯磨きができるようになり、その予防が可能になります。

骨格に変化をもたらし、顔の輪郭も正しく矯正されます。
また自信をもって人前で話せる、笑えるということにつながっていきます。
その他、歯並びが悪いことで顎に負担がかかっていることも多々あり、顎関節症など顎の病気の予防にもなります。

このように歯列矯正のメリットはたくさんありますがこの治療に当たるのは矯正歯科です。
歯科の中でも専門分野の一つで高度な知識が必要であると同時に技術面でも高度なもの要求されます。

またインプラント治療も同様です。
乳歯、永久歯と並んで第三の歯と呼ばれるように、インプラントは違和感なくほとんど自分の歯と同様に機能面と審美面の回復を果たしてくれます。
画期的な治療として近年治療を受ける人も増加してきていますが、これもまた専門性の高い分野で知識と技術的にも高度なものが要求されます。
高度な技術がある名古屋の歯科の例では、インプラント治療専用の無菌手術室を備えていたり、骨が無くてもインプラントができる歯科もありますので、名古屋市でインプラント治療をする際にはご参考下さい。

歯科では各分野で学会が設立されており、専門医や認定医の制度を設けています。
これらの治療を受ける場合は歯医者選びも重要になってきます。