歯並びのバラバラな人へお伝えしたい。歯並びなんてどうでもいいと思っていませんか?歯並びの影響は見た目や活舌だけの問題ではないんです。もっと大きな問題が潜んでいるのです。歯周病や消化器官にまで影響してくるのが歯並びなのです。そしてそれを解決へ導くのが、矯正歯科での歯列矯正です。歯の矯正は子供のものではありません。現代は大人も適切に治療を行えば改善できます。

舌側矯正は目立たない歯列矯正方法

歯の矯正器具

歯列矯正治療というと、代表的な方法は歯の表面に矯正装置を取り付けるという方法です。
取り付けた矯正装置を調整することにより、正しい歯並びへと導くことが出来ます。
この歯列矯正の方法のデメリットとして、矯正装置が見えてしまうということにあります。
周囲の人から矯正治療中であるということを知られたくない、目立たせたくないという人には向いていない方法と言えます。

そこで、目立たない歯列矯正方法として人気があるのが、歯の表面ではなく裏側に矯正装置を取り付ける舌側矯正という方法です。
舌側矯正でも通常の矯正治療でも、経験豊富な医師のもとで行う治療であれば、費用や治療期間にそれほど大きな違いはなく同じ結果を得ることが出来るとされています。

舌側矯正は前歯が引っ込みやすいという特徴がありますので、出っ歯の人に適しています。
出っ歯の場合、前歯を後ろに移動させる必要がありますが、舌側矯正の場合、矯正装置が固定源として奥歯が動きにくいため、前歯が動きやすくなります。

舌側矯正が注目・人気を集める理由としては、見た目を気にする必要が無いという事があります。
歯の裏側に装置を取り付けていますので、他の人の目を気にすることなく、歯並びを良くすることが出来ます。

なお、矯正治療については抜歯をした方が良い場合もあれば、抜歯が必要ない場合もあります。
治療を受ける時には、自身の状況を把握した上で医師に確認をすると良いでしょう。
また、顎関節症の症状がある場合、歯並びが原因で痛みや違和感などがある場合には、歯列矯正が効果的なこともあります。

他の人から見えやすく、注目されやすい前歯だけの部分矯正を行いたいという時も舌側矯正は効果的です。
部分矯正に使用される装置は非常に小さいものですが、効率的に歯を動かすことが出来るため、矯正治療時の痛みを和らげることが出来るとともに、治療期間を短縮することが出来るというメリットもあります。

矯正治療の結果は歯科医師によって決まると言っても過言ではありません。
医師の経験や実績、技術によって同じ方法で治療を行ったとしても結果は異なるものです。
歯並びは一人ひとり異なります。
それぞれにあった方法で治療を受けることが出来るところを選ぶようにしましょう。

歯科医院を選ぶという場合には、まずはカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
カウンセリングは無料で行っている所も多いので、いくつかの歯科医院でカウンセリングを受けることで、それぞれの違いを知ることが出来るでしょう。